切手の管理にお困りではありませんか?

http://www.fuku-chan.info/kitte/

切手は細かく値段設定がされている

切手の値段は非常に細かく設定されています。郵便局では1円切手から売られていて、2円、3円、5円と非常に小刻みに値段設定がされています。これは、端数の処理がしやすいようにと考えられているためです。こうした細かい値段の切手を組み合わせることで、どういった郵便物でも適切な値段で相手に送ることができます。お釣りがもらえないという切手の特徴から、こうした細かい設定がされているのです。高いものであれば1000円もするものがあるので、大きな荷物を送るときには使うこともあるでしょう。デザインはもちろんそれぞれ違っていて、絵柄によって覚えやすくなっているのが親切です。安いものは動物の絵柄が採用されている傾向が強く、数百円のものは花の絵柄が多くなっています。1000円のものには富士山の絵がかかれていて、とても覚えやすいです。慶事用の切手もあって、何かのときには使うことがあるかもしれませんから、その存在だけでも知っておくのがいいです。